ああ、感無量の最終授業

ああ、感無量の最終授業

こんにちは!

銀座いち利着付け教室です😀

 

とうとうこの日がやってきました。

着付け教室、今クールの最終授業の日です。

初級さんは10回目

中・上級さんは8回目

あっという間の約二か月間でした。

 

あれは5月の頃

着付け教室の初日は5月の上旬からスタート。

初級さんでは本当に初めて自分で着物を着る方が多く

「肌着ってどうやって着るんですか?」から始まり

「衿芯って???」など

?????があちこちで飛び交っていましたが

実技の最終テストではこの通り!

初回からは考えられない程の着姿に♪

補正は神!

中上級さんの方たちも練習の回数が増えるにつれ

お出掛けの回数が増えるにつれ

こなれ感がアップし

思い思いのコーディネートを楽しまれているご様子。

皆さんどんどん素敵な和装美人になられていらっしゃいます。

やはり『補正』の威力は凄まじく

自分に合った補正を知っている中上級さんは

着姿が美しいですね~。

着付けは癒し⁉

そして生徒さんのお話の中でハッとしたのが

「着付けをしている間は無心になって、日々の煩わしい事を忘れる。」

「なかなか覚えられないけど、この時間は別世界。」

というもの。

着物で毎日出勤していると当たり前になっていた着付けが

無心になる

楽しい♪

別世界!

そうかぁー、そうだったかもー。

自分も覚え始めの頃は必死に襦袢や帯と格闘して

1時間…2時間と、アッという間に過ぎていったものでした。

この時計壊れてない?と何度思ったことでしょう。

ある一定の年齢になると

集中して時間を忘れるという事は少ないかもしれません。

教室の生徒さん達は

自分で着物が着れるようになる喜び。

日常の気分転換&リフレッシュ。

など感じていらっしゃるんだなぁと改めて思いました。

さぁて!お次は…

緊張の筆記テストと実技テストを受けられた生徒さん。

次のクールはステップアップで進級される方がほとんどです。

どんどん素敵に輝きを増される生徒さん達に

私たち教室スタッフも気づきと学をいただいています。

皆様お疲れさまでした。

そして

ようこそ。次のステージへ!