秋単衣の着物の着方って

秋単衣の着物の着方って

秋単衣の着物の着方って

9月は盛夏用の単衣から秋単衣へと移り変わる時期ではありますが、まだまだ暑い日が続きますね。
近年は温暖化に伴って衣替えの時期が全体的にずれ込んできていることもあり、着物雑誌でも9月下旬までは絽や紗のコーディネートを見かけるようになりました。最近では10月に入ってしばらくが、単衣の時期になっているようで、目安として日中30度をこえる暑さなら夏物でかまわないという時流になりつつあります。

とはいえ「着物は季節先取り」といわれるなかで、秋は暑いからといって夏物を着続けると「季節に遅れる」ことになり、けして良しとはされません。しかもお盆を過ぎればもう秋のうち、白露を境に完全に秋とみなされ、着物好きの方はなんとか工夫して少しでも過ごしやすく、かつ秋らしいコーディネートをと頭を悩ませている頃ではないでしょうか。

今回はそんなうだるような残暑の中での秋への衣替えに向けて、どんな秋単衣をどのように着るのかについてお伝えしていきたいと思います!

単衣着物の新スタイル「夏寄り単衣」が便利

最近では5~10月と単衣の着用期間がのびてきているため、単衣を「夏寄りの単衣」「袷寄りの単衣」と使い分けるようになってきています。6月と9月は夏物に近い薄く軽い生地で4ヶ月間涼しく過ごせるもの、5月と10月はもともと袷の時期のため生地は袷にも仕立てる生地で透け感のない、しっかりとした単衣というように分けられています。

「夏寄りの単衣」の生地としては、紋紗、縦絽、夏紬、単衣夏向きの縮緬、ポリエステルのセオαなどで、5~9月の着回しに役立ちます。これらの生地の特長は、一目で夏物だとわかりにくいことで、9月に横絽や紗など透ける着物では「いつまでも夏物を着ている人」と悪目立ちしてしまいますが、「夏寄り単衣」はかなり長く、10月頃まで着てもさほど違和感がありません。

お茶などお稽古の方には、単衣夏向き縮緬の江戸小紋や飛び柄小紋、
カジュアル好きな方にはしゃきっとした夏紬、
ドレス感覚で着こなしたい方には地紋が美しい紋紗と、着用シーンに合わせて選べるのもポイントです。
これまで、2ヶ月間しか着られない夏物を作るのはもったいないと悩んでいた方も、5~9月の5ヶ月間ならきっと活用の機会がありそうですよね!

秋単衣の帯回りのつくり方

お盆を過ぎてから夏帯や小物を濃い色に替え始め、
9月からは羅や絽、麻など透ける夏帯は遅くとも1週目までで止め、それ以降は透け感のない八寸名古屋帯などを合わせるのがいいかと思います。また最近増えている軽くて風通しの良いスリーシーズン帯も暑さ対策にもなり出番が増えるのではないでしょうか。

小物は半衿を基準にとよくいわれますが、銀座いち利では単衣の微妙な端境期にはレースや絽縮緬を活用しています。帯〆は三分紐、帯揚も絽縮緬などが長い期間使えて便利です。

秋単衣の時期の長襦袢の注意点

まず暑さ対策としては、夏同様に着物の内側を涼しくするため長襦袢を涼しい素材や洗えるものにするなどで調節します。
汗が気になる間は、夏物の麻の絽や洗える絹の絽といった長襦袢などを活用していきましょう。
9月中旬を過ぎて涼しくなってきたら夏物の絽でなく、平織のものに変えていくといいかもしれません。

また長襦袢の素材は、着物の素材に合わせるようにしましょう。
綿や麻の単衣には、麻の長襦袢を、しなやかな絹の単衣には、絹の長襦袢を合わせることでより美しい着姿で単衣を楽しむことができるかと思います。

ただ長襦袢の色は、真っ白のものだといかにも夏物という印象を与えてしまうので、秋単衣の時期にも違和感なく着られるよう色みがあるものをおすすめします。また単衣は夏着物ほど透け感はないものの、裏地がないため無地の単衣だと意外と透けてしまうことがあります。そのため下着だけでなく長襦袢の色や柄にも注意しながら、単衣と合わせましょう。

いち利着付け教室では、着付けだけでなくコーディネートや着物の季節なども学べます。

もっとも、着物の常識が昔と今では違うように、着物や帯も昔とはずいぶん変わっています。以前は単衣によく見られた本塩沢や結城縮、サマーウールなども今はとても少なくなりました。一方で新しい生地もどんどん生産され、プロでも日々勉強しないとついていけないほどです。
そのためコーディネートや、季節のことなどもわからず不安に感じる方もいらっしゃるのではと思います。いち利着付け教室では着付けの授業だけでなく、着物の季節やTPOなどもお教えしますので是非お気軽にご相談ください。

おうちの着物でわからないものについても、ぜひ授業にご持参ください。講師の先生や、スタッフと一緒に確認させていただきます!

ただいま秋の生徒さん募集中!
秋から「着付け」始めてみませんか?
まずは無料体験説明会ご応募くださいませ。

着付け教室のお問い合わせはこちら♪
いち利着付け教室