イベント講座詳細

染色クリエーター加納寛二の世界 「スコープココ」展  予約不要

福岡天神店
2019/2/20(水)~2019/2/24(日)

スコープココは、西陣で130年にもおよぶ歴史ある織屋「加納幸」に生をうけた染織作家・加納寛二氏による着物創作工房。
染と織の両方を学んだ加納氏の創作コンセプトは、茶道の精神にある「守破離」─しゅはり─。
独創的な作品は海外の美術・ファッション界でも高く評価され、近年ではYOSHIKI氏とのコラボ「ヨシキモノ」シリーズが脚光を浴びました。

人とどこか違うお洒落で粋な雰囲気が漂う着物姿。親子で共用ができる着物。着物だけが目立つのではなく本当にその人にあった着物。スコープココは着物の軽さと心地よさや色、柄のシンプルさを感じていただける着物創りに東奔西走している工房です。
今回は、春に先駆けて単衣から夏場にも活躍するオリジナルきもの「羽衣御召」を中心に、上品&シンプルな新作をご紹介いたします。柄はあくまでも古典をベースとしながらも、生地や柄の取り方、色彩などで他との異なりを表現しています。

スコープ・ココオリジナル「羽衣御召」とは…

「天女が身にまとった羽衣」をイメージしたスコープ・ココオリジナル
「羽衣御召」は、光を通す透け感と軽くしなやかな着心地で、
すっきり美しい着姿が特徴の新しい着物です。
一枚で仕立てれば単衣~夏のお召し物となるのはもちろん、
カラーの長襦袢を合わせれば袷の季節もご着用いただ
けるという、新しい着こなしをご提案します。
色柄はあくまでシンプルでコーディネート自在。着まわしを
重視し、本当に気に入ったものだけを長く大切に使いたい…
そんな現代女性のライフスタイルにぴったりの着物と言えるでしょう。

 

関連記事