イベント

西陣織フェア「三代目帯匠 太下彦兵衛」展 つくる人に聞くは要予約

  • 福岡天神店
  • 12/14(水)~12/18(日)

京都・西陣で手織り機にこだわった帯作りを続ける三代目太下彦兵衛先生。
生まれ育った京の情緒をうつした意匠は、どこかはんなりと上品で、ワンランク上の着物姿を演出してくれると人気です。
特許取得のオリジナル糸「唐捲金」を使った豪華な袋帯から、紬にも合わせやすい名古屋帯などをご用意いたしました。来たる春に向けた新作をご覧くださいませ。

太下彦兵衛コーディネート

お召し着尺

袋帯

江戸小紋のような細かな柄で織り上げられたお召し着尺は帯次第で様々なTPOに活躍いたします。帯は袋帯で金糸や銀糸を使っていませんが上品な雰囲気の帯です。

お召し着尺

八寸名古屋帯

藍色の着尺は柔らかくあたたかみのある手触りで少し肌寒い季節のおでかけなどに最適です。八寸名古屋帯は京の街並みをデザインとした風情ある帯となっています。

お召し着尺

袋帯

大きな斜めの縞が特徴の着尺は仕立てる際にあえてずらすようにしてもお洒落になります。帯は大胆な柄ですが色がはんなりと優しいものを使用され桜の花びらと馴染みます。

つくる人に聞く
「伝統工芸西陣織の今昔」

 

時間 ①11:00 ②14:30 ※所要時間約60分 ※最終日は①のみ
定員 各回6名
参加費 500円(税込)

参加ご予約はこちら

  • おでかけイベント・講座等は、開催日近くの新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて、急遽中止、延期の判断をさせていただく場合がございます。皆様の安全対策の為、どうぞご了承くださいませ。
  • 所要時間は目安であり、前後する場合がございます。
  • 店頭での、おでかけ・講座の参加費のお支払いは、現金のみの対応となります。
  • 画像はイメージです