イベント

京・西陣の織屋のこだわり「宮田織物」展 つくる人に聞くは要予約

  • 福岡天神店
  • 10/12(木)~10/16(日)

分業による物づくりが中心の西陣において、納得のいく物を生み出すために“図案から製織まで”一貫した自社生産体制で帯やきもの、小物までトータルでの制作に取り組む数少ない織元が宮田織物です。
たゆまない織技の研鑽と、素材へのこだわりから生み出される宮田織物の作品には多くのきものファンが魅了されます。

宮田織物の商品コーディネート

小紋(輪奈織)
袋帯

縦暈しが特徴的な小紋には飛び柄の輪奈織が使われ見る角度によって模様が浮かび上がります。袋帯は通年使用でき、少し透け感があるためカラー芯や金芯銀芯を入れる仕立てがおすすめです。

附下
袋帯(輪奈織)

定番の桜やウサギなどの柄が刺繍によって施されている附下。可愛くなり過ぎない落ち着いた地色と上品な刺繍糸が使用されています。帯は輪奈織の袋帯で表面に凹凸があり緩みにくいのが特徴の帯です。

御召
袋帯

宮田織物ならではのしっかりとした糸を使用した丈夫な御召は単衣に最適です。帯は花織を基調とした落ち着いた色合いですが細部にピンクやからし色などの差し色が入っており小物合わせがしやすい袋帯です。

※写真はイメージです。同じ商品のご用意がない場合がございます。

つくる人に聞く「輪奈織の帯ときもの 匠の世界」

 

時間 ①11:00 ②15:00 ※所要時間約60分
*最終日は①のみ開催
*最終日は最終入店16:00まで
定員 各回6名
参加費 500円(税込)

参加ご予約はこちら

  • おでかけイベント・講座等は、開催日近くの新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて、急遽中止、延期の判断をさせていただく場合がございます。皆様の安全対策の為、どうぞご了承くださいませ。
  • 所要時間は目安であり、前後する場合がございます。
  • 店頭での、おでかけ・講座の参加費のお支払いは、現金のみの対応となります。
  • 画像はイメージです