イベント講座詳細

つづれ錦織元「和be庵」展 予約不要

福岡天神店
2018/12/14(木)~2018/12/16(日)

爪先をやすりで削り、その爪先で絵画を描くように経糸を掻きながら織り上げる爪掻き本綴れは、名古屋帯でありながらも留袖にまで結べる格式も備え、きものファンには憧れの帯でもあります。その他にも、現在では生産数も少なく稀少となった本手組の組帯や、伊富貴染という独自の染色技法を用い大塚の生地に染め上げる着物など、こだわりの物づくりに取り組むのが「和be庵」こと森井厚博氏の織元です。

※各イベント、講座、おでかけの所要時間は目安であり、前後する場合がございます。

 

関連記事